ダイエット速報まとめ

うわぁ・・・肥満と睡眠の危険な関係が明らかに!

ボニック

寝る時間を削ると肥満になる!?しかも禿げる!

人間のカラダを補修する最適な、いわゆるゴールデンタイム!それが22時から2時の間です。理由は、「副交感神経が最も活発化し、成長ホルモンが大量に分泌される」時間帯だからです。

好き勝手な時間に睡眠はやめたほうがいい

この時間帯を含めた夜に眠ることが効率的なメタボ体質改善につながると言えます。当然この時間帯は社会的活動もお休みなのが一般的です!人が最もリラックス、ストレスから解放される時間です!そんな環境でゆっくりと休息することで、より充実した体質改善につながるのです。
静かに横になり、ぐっすりと眠る。睡眠中は筋肉活動が低下するうえに、頭皮が心臓と同じ高さになります。「カラダの循環血液量が比較的多くなる」眠る時間を削るのは、脂肪燃焼の時間を削ることになります!

深い睡眠が大切

深く眠ることを大切です。たとえば、お酒を飲むとぐっすりと眠れるという人がいますが、実は浅い睡眠の場合が少なくありません。少しでも酔いがさめると体は興奮状態になるため、しっかりと眠っていないケースが多いのです。

本格エステダイエットをご自宅で▼

a:2325 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional