ダイエット速報まとめ

ボニックの仕組み解説!

ボニック

ボニックの仕組み解説!

ボニックで採用されているEMSは元々寝たきりや家に閉じこもりがちな状態になりがちな障害者や高齢者の筋肉の衰えを防ぐための医療用器具として開発されました。

そのEMSの仕組みですが、ジェルを塗って通電性を増した状態の筋肉に対して何パターンかの電気的な刺激を加える事で運動をした時と同等の効果をもたらす事が出来、それによって寝たきりの状態でも筋力トレーニングが出来るというものです。

ボニックに搭載されているEMSは1分間で1800回の刺激を筋肉に与える事ができます。通常売られているEMSマシンの場合、機能的にはこのEMS刺激を加えるという単機能のものが多いのですが、更にボニックではダイエット効果を高めるために超音波による1秒間に100万回という超高速振動を与える事で、効果的に脂肪を燃焼させます。

つまり、EMSと超音波振動のダブルの効果が実感出来るという訳です。しかもこれだけのEMSと超音波による高速刺激が与えられるため、1日たった5分を1ヶ月実行する事で効果を実感出来ると話題になり、既に43万台の販売実績を持つエステマシーンなんです。ボニックは防水仕様のため、お風呂で使う事も出来ます。

テレビを見ながら、あるいは寝る前の使用はもちろんですが、入浴時は血行も良くなっているため脂肪燃焼効果が高まる事が期待出来ます。これからの夏本番に向けてボニックで集中エステを行ってみてはいかがですか?

本格エステダイエットをご自宅で▼

ボニック

a:1052 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional